その他

お客様のニーズに合わせて防犯対策など様々な住まいのお悩みに対応致します

お住まいの防犯対策で不安な事についてお話しいただけます

空き巣の被害からご自宅を守るため、一人暮らしの女性やご高齢者、小さなお子様を犯罪から守るため、株式会社ダイワ技研では東京都内を中心としたエリアにて防犯のためのリフォーム工事を行っています。防犯工事とは空き巣や犯罪を考える側の視点に立って住宅を観察することで、その家の防犯に関する弱点や環境による犯罪のパターンなど、あらゆる手口を考えた上で対策を行う工事のことをいいます。

窓の交換やダブルロック・防犯カメラといったものだけでなく、あらゆる視点から工事の提案をいたします。

お住まいの防犯対策についてプロの視点で観察いたします

防犯工事というのはただ単に窓を防犯仕様のものにする・防犯カメラを付ける・玄関の鍵をダブルロックにする、といった単純なものではありません。空き巣等の犯罪を行う人間の立場に立ち、既存の住宅のどこに防犯の綻びがあるのか・立地や環境的に問題となる箇所はないかなどを徹底的に観察してその弱点を補ってこそ、防犯設備の真価が発揮されます。犯罪を行う人間に「入りづらい」「入りたくない」と思わせるような対策を、プロの目線でしっかりと考えアドバイスを行っています。

侵入するのに時間がかかる・リスクがあると感じさせるような家づくりのための防犯工事を行っていますので、ご自宅の防犯対策に不安のある方は一度ご相談ください。プロの目線でしっかりと見極め、適切な提案と施工を行っています。

実際の防犯工事についてより具体的な提案をしています

空き巣等の侵入を防ぐための防犯工事には様々なものがありますが、例えば住宅の窓を全て二重窓に交換するのは最も一般的ではないでしょうか。二重窓は防音性や断熱性も高いため、防犯対策だけでなく省エネにもつながります。住宅の侵入を防ぐには窓以外にもピッキングが不可能なディンプルキーを用いた玄関ドアへの変更・ピッキングに時間がかかる二重鍵のドアへの変更などが挙げられます。

その他にも死角を無くすためのリノベーションとして、エクステリアや庭の構造を変えるというのもひとつの手です。このように住宅の設備や外構を変えるだけで、現在のお住まいの防犯性をより高めることができます。もちろん電気工事も承っていますので、電動シャッターや防犯カメラの設置などの工事もお任せいただけます。

防犯工事の必要なケースや条件などを紹介しております

女性の一人暮らしや高齢者だけが住んでいる住宅、小さなお子様のおられるお住まいでは特に防犯対策にたいして関心が高いのではないでしょうか。これらのケースに加え、建物を設計した段階で防犯について意識をせず建てられた住居は注意が必要です。防犯対策が行われていない住宅の主な例としては、デザインや間取りを優先してしまった場合に多くありがちですので、自信がない場合は一度ご相談ください。また環境や立地的な問題で、周囲からの見通しが悪い住宅・あるいは見通しの悪い場所にドアや窓がある家も危険といえるでしょう。

その他にも玄関の鍵が1つしかない家・フェンスや塀がない住宅など、様々な条件が重なり空き巣に入られやすい危険な家となってしまいます。そういったリスクや防犯工事の必要性を記事にて紹介します。